2009年7月5日 『赤十字救急法講習会』レポート
            

 車の趣味は、個人的に楽しむ物と考える方もおられますが。
 でも、自分が楽しむために関係者・知り合い・他人を必ず何らかの形で巻き込んでいるのが現実です。
 車の趣味にかかわらず、私たちの周りには、人がいるという事です。
 趣味で楽しんでいる時も、突然事故に遭遇するとか、社会生活で自分の周りで事故が起きてしまう可能性は無いとは言い切れません。
 そんな時、知っていれば何らかのお役に立てる事もあります・・・そんな考えから今回の講習会が実現致しました。
 
  今回 7月5日、『おはせと』終了後、SSC主催でおはせと参加者の方々と
 『赤十字救急法講習会』を開催、心肺蘇生法及びAEDの取り扱いを学びました。
 参加、倶楽部メンバーの中には医療従事者の方もお出でになり、いつになくまじめで一生懸命な講習会となりました。
 受講された方々からは、口々に「この様な事は良いですね、今後も年に一度は続けていきましょう」の声が上がりました。
 
 いつも、『おはせと』の会場でお世話になっております。讃岐五色台休暇村様を何らかの形で利用させて頂こうという趣旨で、
 お礼の意味も込めて行事を組むことから始まったのですが、 御参加頂いた皆様には、もっと深い所での理解を頂いたようです。
 今回ご指導を頂いた、日本赤十字社香川県支部・講師の先生がた有難う御座いました。感謝・感謝です。
 また、ご参加頂いた皆様の御理解に、改めて感謝・感謝です。
 おはせと終了後は、安心して講習会が受けられるよう規制ロープを張らせて頂き、警備会社にガードマンをお願い致しました。
 講習会の前に先ず腹ごしらえ・・・食事会場はとても眺めのいい場所です。
 瀬戸内の美味しいお魚で食事、勿論、讃岐のうどん付きでした。
まずは、学科を。
本日の主任講師・大林先生、講師・松本先生
そして私takaも講師の一員でした。
まずは、回復体位の取り方から・・・真剣な後
ろ姿が。
いよいよ、ジャミーちゃんの登場です。
今回は、新しくなった。SSC倶楽部ポロシャツ
の着初めでした。
 心肺蘇生法の実技講習です。
 交代しながら全員が体験。初体験の方も多かったみたいです。
 中にはつい先日まで救急病棟の看護師さんも・・・もちろんtaka以上の機敏な行動でした。
 中央の講師?のように見ておられるのは(背中向き)・・・現役のドクター・GTR・Tさんです。
 お仕事の関係上AEDをお持ちのKドクターからは、次のツーリングから、フェラーリにAEDを積み込み参加の声も・・・ありがたいことです。
 倶楽部メンバーの職業は多種にわたります。
いよいよAEDの取扱実技です。
真剣な表情で大林先生の説明を聞いていまし
た。
何時もハンドルを握る手に今日はAED、終盤
に入り講習会も真剣そのものです。
今回の講習会で、参加者は今まで以上にコミ
ュニケーションがとれた様な気が致します。
たった2時間ですが、同じ釜の飯を食うかな。
 講師の先生と、大活躍のジャミーちゃんを囲んで、参加者の記念撮影です。
 皆さん充実の笑顔です。
 参加したメンバーさんの中には、早速、勤め先にAEDの設置を申請された方もいらしたという事です・・・流石、熱血人生。
 これから一年に一度、忘れないうちに?定期的にさせて頂く予定です。
 今回参加できなかった皆さん、次回は参加してみましょう。
 
 日本赤十字社では活動にご理解いただき、社員(毎年継続して一定額以上の活動資金にご協力頂ける方)としてご協力頂ける方募集中です。
 宜しくお願い致します。

アルバム トップ
ホームページトップ